都市廃棄物の嫌気性消化 -現状と課題- Anaerobic Digestion of Municipal Solid Waste -The Present State and The Tasks Ahead-

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

都市廃棄物の嫌気性消化は, 廃棄物管理の観点からはもちろん, エネルギー政策的にも極めて有望な技術である。本報告では, 都市廃棄物を対象としたこの技術の現状を整理するとともに, わが国での普及に必要な課題について検討した。概に西欧諸国を中心に多くのプラントが運転・建設中であることを示し, さらに実用化されている代表的なプロセスの特徴を整理した。また西欧諸国の現地調査の結果を参考に, わが国においてこの技術を普及させるたあには, 適切な技術の選択と支援体制の確立, 経済的自立が必要であることを述べた。特に政府の積極的な取り組みが重要であることを指摘した。

Anaerobic digestion is a most promising technology, not only from the aspect of adequate solid waste management but also in the implementation of the energy policy. In this paper, we have analyzed the present state of this technology in the area of solid waste management, especially concerning the typical commercialized systems which have existed almost entirely in European countries, and we have discussed the conditions needed for their dissemination in Japan. As a result, we have suggested that selecting an appropriate technology, establishing support systems and economical autonomy are all prerequisites, and in addition, that the role of AD technology should be made clear in the context of solid waste management and energy policy. Therefore we have pointed out that the involvement of government and administrations are also crucial.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 10(3), 241-250, 1999-05-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  37件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  4件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002832389
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    4760223
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ