PROSEGをもとにしたスタートアップ支援システムの構築と実施事例 Development and Validation for Chemical Plant Start-Up Supporting System Based on PROSEG

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

化学プロセスにおけるプラント運転の操作手順を生成する方法として, プロセスの流れ, 運転条件, 機器仕様などの情報を利用したPROSEG (Process Operating Sequence Graph) が開発されている.一方実プラントでは, 運転の自動化システムを構築する場合, シーケンス制御だけではなく, シーケンス制御ロジック (操作手順) の生産性, 可読性, 保守性が重要視される.本研究では, 実プラントにPROSEGをもとにしたスタートアップ支援システムを構築, 適用した結果, 原料の組成変化などの実際に起こったプラントの運転条件変化の変化にも対応でき, 運転支援システム (運転員への) として必要な機能を満たすことができた.<BR>この意味で, プラントの運転操作においてPROSEG表現は従来のシーケンス制御に比して極めて有用であり, 十分実用的であることが実証できた.

A methodology for generating the procedure of a chemical plant operation is developed. PROSEG (Process Operating Sequence Graph) allows us to make the operational procedure according to the topology of the process, operational conditions and equipment specification. The method is applied to the start-up support system for a commercial plant and its effectiveness validated in this paper.<BR>From a practical point of view, emphasis is laid on a sequence control logic to ease of producing, reading and mainting. This approach allows respons to changes in operational conditions such as the composition of raw material. The results show that PROSEG is very useful and practical in comparison with the conventional sequence table method.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 24(1), 12-17, 1998-01-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002834844
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4380936
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ