ファジィニューラルネットワークによる内装タイルの官能評価モデリング Modeling of Sensory Evaluation for Interior Tiles Using a Fuzzy Neural Network

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 花井 泰三 HANAI Taizo
    • 名古屋大学工学研究科生物機能工学専攻 Department of Biotechnology, Graduate School of Engineering, Nagoya University
    • 安藤 一徳 ANDO Kazunori
    • 名古屋大学工学研究科生物機能工学専攻 Department of Biotechnology, Graduate School of Engineering, Nagoya University
    • 本多 裕之 HONDA Hiroyuki
    • 名古屋大学工学研究科生物機能工学専攻 Department of Biotechnology, Graduate School of Engineering, Nagoya University
    • 古橋 武 FURUHASHI Takeshi
    • 名古屋大学工学研究科電子情報学専攻 Department of Information Electronics, Graduate School of Engineering, Nagoya University
    • 内川 嘉樹 UCHIKAWA Yoshiki
    • 名古屋大学工学研究科電子情報学専攻 Department of Information Electronics, Graduate School of Engineering, Nagoya University
    • 小林 猛 KOBAYASHI Takeshi
    • 名古屋大学工学研究科生物機能工学専攻 Department of Biotechnology, Graduate School of Engineering, Nagoya University

抄録

内装タイルに対する新しいデザイン手法を構築するために, イメージ語 (官能評価) と総合評価の間の関係を解析した.まず, ファジィニューラルネットワーク (FNN) と重回帰分析を用いてイメージ語の官能評価値から総合評価値を推定するモデルを構築した.構築したモデルを比較するとFNNのモデルの方が精度良く総合評価値を推定できた.また, 機器分析値から総合評価値を推定するFNNモデルも構築した.このモデルではイメージ語の官能評価値から推定するモデルより精度は低くなったが, 10%ほどの誤差で推定できた.さらに機器分析値とイメージ語の官能評価値から総合評価値を推定するFNNモデルを構築したところ, 最も精度が高くなった.内装タイルの総合評価値を推定するには, 「上品な-下品な」, 「しゃれた-野暮な」の官能評価値と「緑色の平均値」, 「中心線粗さ」, 「ピークカウント」の機器分析値が必要であることが示された.

In order to construct a novel design method for interior tiles, the relationship between image words (sensory evaluation) and total evaluation for interior tiles was studied. At first, the model for estimation of the total evaluation from image words was constructed using a fuzzy neural network (FNN) and MRA (multi regression analysis). The FNN model could estimate the total evaluation more correctly than the MRA model. Secondly, a FNN model for the estimation of the total evaluation from analytical data for interior tiles was constructed. This model was less accurate than the FNN model from image words, but could estimate within 10% errors. Lastly, in order to improve accuracy of the estimation, a FNN model for estimation of the total evaluation from both analytical data and image words was constructed. This model showed the highest accuracy among all models. "<I>Jyouhinna-gehinna</I>", "<I>shareta-yabona</I>" among image words and "average value of green color", "arithmetical mean deviation", "peak count" among analytical data were needed to construct the model for estimation of the total evaluation.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 24(1), 18-23, 1998-01-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002834853
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4380937
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ