アイスライニングによる凍結濃縮の実験的研究 Experimental Study on Freeze Concentration with Ice-lining

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 山崎 浩 YAMAZAKI Yutaka
    • 大阪大学大学院基礎工学研究科後期課程 Department of Chemical Science and Engineering, Graduate School of Engineering Science, Osaka University
    • 矢沢 久豊 YAZAWA Hisatoyo
    • 藤沢薬品工業(株)生産技術研究所 Fujisawa Manufacture Technology Laboratories, Fujisawa Pharmaceutical Co., Ltd.
    • 平田 雄志 HIRATA Yushi
    • 大阪大学大学院基礎工学研究科化学系専攻化学工学分野 Department of Chemical Science and Engineering, Graduate School of Engineering Science, Osaka University

抄録

ジャケット付き撹拌晶析槽の内壁面に予め形成した氷層から氷晶を成長させることによってのみ溶液が濃縮される新しい凍結濃縮法 (アイスライニング法) を開発した.セファロスポリンCNa溶液の凍結過程について濃縮液の濃度と液量を測定することにより, 本法はアイスライニングを使用しない単純凍結と比較して高濃縮液の回収に極めて優れていることが明らかになった.溶質の見かけの分配係数は, 濃縮液の溶質濃度に対する氷の溶質濃度の比として定義した.実験の結果, 分配係数は, 供給液濃度が低い場合, ブライン温度と供給液の氷点が小さい場合, また, 撹拌速度が大きい場合に減少した。さらに, 本法は, 蒸発濃縮法と比較して濃縮液中の溶質の劣化がほとんどないことが確認された.

A new method of freeze concentration with ice-lining has been developed, which enables concentration of the solution to proceed only through the growth of an ice layer preformed on the inner wall of a agitated vessel crystallizer with cooling jacket. From the measurements of concentration and volume of the residual solution during the freezing process of cephalosporin C sodium solution, it is revealed that this method is superior for recovery of high concentrate compared with the simple method without ice-lining.<BR>The apparent partition coefficient of the solute was defined as the ratio of its concentration in the ice formed to that in the residual solution. The experimental results showed that the partition coefficient decreases with decreasing concentration of feed solution and the difference between the brine temperature and the freezing point of the feed solution, as well as with increasing impeller speed. In addition, it has been confirmed that this method results in little degradation to the substance contained in the concentrate compared with the ordinary method by evaporation.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 24(1), 30-36, 1998-01-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002834871
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4380939
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ