トッピングサイクル流動層石炭ガス化炉のシミュレーションモデル Simulation Modeling of Fluidized Bed Coal Gasifier for New Topping Cycle System

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

我が国が高効率発電プロセスの一つとして開発を推進している新トッピングサイクル石炭発電プロセス (Advanced PFBC) は, 加圧流動層石炭ガス化炉と加圧流動層酸化炉とを直列に組み合わせた複雑なシステムである.従って, 本プロセス開発を合理的に進めるためには, プロセスの性能, 仕様, 運用条件などを評価, 決定する際に, 合理的なシミュレーションモデルを用いて, プロセスの性能と特性を解析することが極めて重要である.<BR>本研究では, ガス化炉内の気泡の挙動や各種ガス化反応およびエンタルピー収支を考慮したシミュレーションモデルを展開すると共に, 得られたモデルを用いた計算結果から, ガス化炉の炭素転換率, 生成ガスの組成と生成ガスの発熱量が操作条件に強く依存することを明らかにすると共に, さらに, 酸化炉内の熱交換管群による熱量回収量が石炭供給量により規定されることを示した.

A new topping cycle coal power generation process has been developed as a Japanese national project for a high efficiency power generation process. This process consists of a pressurized bubbling fluidized-bed coal gasifier and a pressurized bubbling fluidized-bed combustor which combined in series.<BR>To evaluate the performance and to determine specification and operation parameters of this process, it is extremely important to analyze the behavior and the performance of the system by a reasonable simulation model. A simulation model of this new process is developed in this paper. It is demonstrated by calculating results from this model that the carbon conversion in the gasifier, the composition and the heating value of the produced gas are strongly dependent on operating conditions. Heat recovery by steam in the combustor is controlled by the coal feed rate.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 24(1), 42-45, 1998-01-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  4件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002834889
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4380941
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ