無声放電による大腸菌の殺菌機構の検討 Sterilization Mechanism of Escherichia coli by a Silent Discharge

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

無声放電を用いた低温条件下における大腸菌の殺菌方法を試みた.無声放電による殺菌方法は処理装置が簡単であり, 投入エネルギーが小さく, 温度上昇を伴わないという特徴がある.空気または酸素雰囲気で最大の殺菌効果が得られ, 窒素雰囲気ではやや劣るが有意な殺菌効果が得られたが, アルゴン雰囲気では有意な殺菌効果は得られなかった.これらの殺菌効果は放電電流による菌体の損傷, および放電により生成したオゾンや窒素酸化物による.

A silent discharge has been used for sterilization of <I>Escherichia coli</I>. Silent discharge has advantages such as simple apparatus, less energy input, and no temperature rise. Silent discharge with air or oxygen is most effective for the sterilization. Nitrogen discharge also has significant effect, however argon discharge has no significant effect. Sterilization results from injury caused by the discharge current, and from ozone or nitrogen oxide produced by the discharge.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 24(1), 140-142, 1998-01-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002835074
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4380958
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ