電磁流動層による金属・非金属複合粒子作成プロセスの開発 Development of Process for Manufacturing Metal-Nonmetal Composite Particles Using Fluidized-Bed in Electro-Magnetic Field

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

非導電性粒子にてコーティングされた金属粒子を製造するプロセスを開発するために, 電磁場内に設置した流動層を用いて実験を行った.コーティング試験は窒素雰囲気のもとで行った.非導電性粒子を用いる流動層を電磁加熱コイルの中に設置し, 窒素ガスを流し, 電磁場を印加した後に, 所定量の金属粒子を上部より投入し非導電性粒子で被覆された金属粒子を回収した.<BR>コーティングの原理は, 非導電性粒子の融点が金属粒子の融点より高いか低いかによって, 2通りあることがわかった.プラスチックによるコーティングについてはプラスチックの融点により, 印加出力, ガス流速の最小点が変化すること, またコーティング厚さは印加出力と共に増加することがわかった.

To develop a new process producing metal-particles coated by non-conductive powder, the coating mechanism is investigated using a fluidized bed under an electro-magnetic force.<BR>Coating experiments are carried out in a fluidized bed column under an inert (N<SUB>2</SUB>) atmosphere : After an assigned amount of non-conductive powder is fluidized in the bed column installed in a magnetic coil, a small amount of metal-particles is fed into the bed and recovered in the form of metal coated with non-conductive powder.<BR>The following results is obtained from the morphological measurement of coated film or powder.<BR>1) There are two coating mechanisms, depending on whether the melting point of non-conductive powder is higher or lower than that of metal particles.<BR>2) There are coating limits depending power supply, gas velocity and the melting point of plastics.<BR>3) Coating thickness is increased with heating power.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 24(1), 146-148, 1998-01-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  1件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002835089
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4380960
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ