機能性磁性微粒子を用いた脳病変部に対する新しい磁気センシング法の開発 Development of Novel Magnetic Sensing for Brain Lesion Using Functional Magnetic Particles

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 新海 政重 SHINKAI Masashige
    • 名古屋大学大学院工学研究科 生物機能工学専攻 Department of Biotechnology, Graduate School of Engineering, Nagoya University
    • 大島 晶 OHSHIMA Akira
    • 名古屋大学大学院工学研究科 生物機能工学専攻 Department of Biotechnology, Graduate School of Engineering, Nagoya University
    • 柳瀬 貢 [他] YANASE Mitsugu
    • 名古屋大学大学院工学研究科 生物機能工学専攻 Department of Biotechnology, Graduate School of Engineering, Nagoya University
    • 内山 剛 UCHIYAMA Tsuyoshi
    • 名古屋大学大学院工学研究科 電気工学専攻 Department of Electronics, Graduate School of Engineering, Nagoya University
    • 毛利 佳年雄 MOHRI Kaneo
    • 名古屋大学大学院工学研究科 電気工学専攻 Department of Electronics, Graduate School of Engineering, Nagoya University
    • 吉田 純 YOSHIDA Jun
    • 名古屋大学医学部 脳神経外科 Department of Neurosurgery, School of Medicine, Nagoya University
    • 本多 裕之 HONDA Hiroyuki
    • 名古屋大学大学院工学研究科 生物機能工学専攻 Department of Biotechnology, Graduate School of Engineering, Nagoya University
    • 小林 猛 KOBAYASHI Takeshi
    • 名古屋大学大学院工学研究科 生物機能工学専攻 Department of Biotechnology, Graduate School of Engineering, Nagoya University

抄録

脳外科の手術中に病変部の位置をリアルタイムでセンシングするための基礎検討を行った.我々は手術中の使用を考慮してセンシング方法としては機能性磁性微粒子と小型高感度磁気センサー (磁気インピーダンス (MI) センサー) の利用を試みた.まず, 寒天にマグネタイト微粒子を加えた模擬腫瘍の磁気センシングを行った.その結果, 0.2T以上の外部静磁場によりマグネタイト微粒子の磁化を行えばセンシング可能であることがわかった.また, ラットの大腿部皮下に移植した腫瘍中に存在する磁気微粒子の検出を試みた.正荷電脂質を混入したリン脂質膜でマグネタイト微粒子を被覆してマグネタイトカチオニックリポソームを調製した.このリポソームを腫瘍に注入し, 1.8Tの静磁場により磁化した.その結果, ラット腫瘍内の磁気分布を検出することができ, その腫瘍内の検出値の分布はマグネタイト微粒子の局在を表していることがわかった.

Real-time sensing of a brain lesion under operation on the brain is investigated. We selected a combination of the functional magnetic particles and small and high sensitive magnetic sensor, the magneto-impedance (MI) sensor, for the sensing method. At first, we detected a magnetic field of an agarose gel containing magnetite particles using the MI sensor. It was found that a magnetization of the magnetite by a static magnetic field is necessary for the detection. We also tried to detect the magnetite particles in a rat tumor which was transplanted under the skin of the rat leg. The magnetite cationic liposomes, at which the magnetite particles were coated with a cationic lipid and phospholipids membrane, were directly injected in the tumor and magnetized by the static magnetic field generator at 1.8 T. By using the MI sensor, the magnetic field distribution of the MCL was detected, and its distribution indicated that the MCL is localized in the tumor.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 24(2), 174-178, 1998-03-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  4件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002835155
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4424743
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ