マグネタイトカチオニックリポソームと抗ガン剤の併用による温熱化学療法の検討 Study on Thermochemotherapy Using Magnetic Cationic Liposomes and Anti-cancer Drug

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 柳瀬 貢 YANASE Mitsugu
    • 名古屋大学大学院工学研究科生物機能工学専攻 Department of Biotechnology, Graduate School of Engineering, Nagoya University
    • 新海 政重 SHINKAI Masashige
    • 名古屋大学大学院工学研究科生物機能工学専攻 Department of Biotechnology, Graduate School of Engineering, Nagoya University
    • 本多 裕之 HONDA Hiroyuki
    • 名古屋大学大学院工学研究科生物機能工学専攻 Department of Biotechnology, Graduate School of Engineering, Nagoya University
    • 小林 猛 KOBAYASHI Takeshi
    • 名古屋大学大学院工学研究科生物機能工学専攻 Department of Biotechnology, Graduate School of Engineering, Nagoya University

抄録

抗ガン剤の効果的な投与方法について調べると共に, 化学療法と温熱療法の併用療法の効果について検討した. 38.5℃と41.0℃という不十分な加温の場合において, 抗ガン剤シスジアミンジクロロプラチナム (CDDP) を併用することにより抗腫瘍効果の改善をはかった.<I>in vivo</I>の実験において, 温熱処理単独での殺細胞効果は38.5℃で72.5%, 41.0℃で89.0%であったのに対して, 併用療法ではそれぞれ90.2%, 98.0%にまで高めることができた.この併用療法の効果をさらに<I>in vivo</I>での腫瘍組織形成実験において確かめた.温熱療法単独ではラットの大腿部に移植した細胞が, 移植13日後に触診できるほどの腫瘍に成長したが, 併用療法を行ったラットでは3ヵ月以上もの問, 組織の形成が認められなかった.これは併用療法により, 温熱だけでは殺せなかったガン細胞もCDDPによって効果的に殺傷することができたと考えられる.

We examined an effective administration method for an anti-cancer drug, and then a combination therapy of anti-cancer drug and hyperthermia (thermochemotherapy) was investigated. In the cases of insufficient heating such as 38.5°C and 41.0°C, administration of cis-diamminedichloroplatinum (CDDP) improved the cell killing effect. As the results of <I>in vitro</I> experiments, the cell killing effect in the thermochemotherapy increased to 90.2% at 38.5°C and 98.0% at 41.0°C from 72.5% and 89.0% with hyperthermia alone, respectively. This thermochemotherapy was applied to the tumor-formation experiment <I>in vitro</I>. In the case of hyperthermia alone, a palpable tumor was formed at 13 days after the injection of cells into a rat leg. However, in the case of the thermochemotherapy, no tumor tissue was observed over 3 months. It seems that the surviving cells from hyperthermia alone are killed by CDDP.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 24(2), 179-183, 1998-03-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002835166
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4424744
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ