遺伝子組換えによるハイブリッド型人工肝に適したアンモニア除去細胞構築の試み Construction of Ammonia Metabolizing Cell Line for Artificial Hybrid liver Support System, Using Recombinant DNA Techniques

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 大政 健史 OMASA Takeshi
    • 大阪大学大学院工学研究科応用生物工学専攻 Department of Biotechnology, Graduate School of Engineering, Osaka University
    • 浦山 重雄 URAYAMA Shigeo
    • 大阪大学大学院工学研究科応用生物工学専攻 Department of Biotechnology, Graduate School of Engineering, Osaka University
    • 谷村 奈緒子 TANIMURA Naoko
    • 大阪大学大学院工学研究科応用生物工学専攻 Department of Biotechnology, Graduate School of Engineering, Osaka University
    • 片倉 啓雄 KATAKURA Yoshio
    • 大阪大学大学院工学研究科応用生物工学専攻 Department of Biotechnology, Graduate School of Engineering, Osaka University
    • 菅 健一 SUGA Ken-ichi
    • 大阪大学大学院工学研究科応用生物工学専攻 Department of Biotechnology, Graduate School of Engineering, Osaka University

抄録

ハイブリッド人工肝に適した人工肝細胞の構築を目的として, 遺伝子組換えにより動物細胞株にアンモニア除去能を付与することを試みた.組込み遺伝子として, 1段階反応でアンモニアを除去可能で, 遺伝子増幅現象を引き起こすグルタミン合成酵素遣伝子を選択した.SV40プロモーターを接続したグルタミン合成酵素遺伝子を組込んだpSV2-GSベクターを構築し, Chinese Hamster Ovary細胞に遺伝子導入した.得られた組換え細胞株をグルタミン合成酵素の阻害剤Methionine Sulfoximine (MSX) の存在下にて選択を行ない, グルタミン合成酵素活性の上昇した細胞株 (800μM MSX耐性株) を取得した.さらに, 得られた細胞株のアンモニア除去特性を検討した結果, 0, 1, 2mMいずれのアンモニア添加条件下においても培養中期 (増殖期) にアンモニア消費がおこり, そのアンモニア比消費速度の値は人工肝に汎用されている初代肝細胞の約1/5の値となった.

In order to establish a cell line suitable for a hybrid artificial liver support system, an ammonia metabolizing activity is given to a Chinese Hamster Ovary (CHO) cell line using genetic engineering techniques. CHO-K 1 cells were transformed with pSV 2-GS vector which contain glutamine synthetase gene connected with SV 40 promoter. The recombinant cell line was selected under various concentrations of glutamine synthetase inhibitor, methionine sulfoximine (MSX). The 800 μM MSX tolerable cell line has high glutamine synthetase activity and can remove ammonium from the medium. The kinetic parameters of this cell line were investigated under 0, 1, or 2 mM ammonia concentration. Ammonia consumption occurred during the middle phase of cultivation (growth phase). The specific ammonium consumption rate of the established cell line during growth phase is about one fifth of that of primary hepatocyte.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 24(2), 184-189, 1998-03-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  21件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  5件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002835174
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4424745
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ