マイクロダイアリシス・サンプリング法に用いる表面処理透析膜のグルコース透過特性のin vivo評価 Evaluation of Glucose Permeability of Surface-Treated Dialysis Membrane for Microdialysis Sampling Method by in vivo Experiments

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

皮下組織内埋め込みセンサーは, 長期安定性に課題がある.マイクロダイアリシス法を用いることにより, 細胞外組織液中のグルコースを透析液中に回収し, 体外で容易に計測することが可能となる.本研究の目的は, 皮下組織内のグルコースの連続計測のための高い回収率と生体適合性透析膜のマイクロダイァリシス・プローブを開発することである.再生セルロース, エチレンビニルアルコール, セルローストリアセテート, セルロースアセテート, ポリメチルメタクリレート及び再生セルロースにNafion又はMPCを被覆した表面処理膜の中空糸を用いて <I>in vivo</I>実験を行った.グルコースの回収率から透析膜の物質移動係数を求めた.未被覆膜の回収率は, <I>in vivo</I>及び <I>in vitro</I>実験の3日後に明確に減少した.NafionまたはMPCで被覆した膜は, 6日間の<I>in vivo</I>実験において未被覆膜に比べ高い回収率を維持した.皮下組織内グルコースの連続計測を長期間可能とする柔軟性あるマイクロダイアリシス・プローブの開発に成功した.

A sensor implanted into the subcutaneous tissue has a problem in terms of long-term stability. By using a microdialysis method, glucose in the extracellular tissue fluid is recovered into the dialysate and can be easily analyzed outside the human body. The purpose of this paper is to develop a microdialysis probe with a higher recovery and a biocompatible dialysis membrane for continuous sensing of glucose in subcutaneous tissue. Long-term stability in <I>in vivo</I> experiments was studied by using various hollow polymer membranes such as regenerated cellulose, cellulose acetate, cellulose triacetate, polymethyl methacrylate, ethylene vinyl alcohol and surface-treated membrane such as regenerated cellulose coated with Nafion or MPC. The mass-transfer coefficient of the dialysis membrane was obtained from the recovery of glucose. The recovery of glucose with the uncovered membrane decreased clearly after three days in <I>in vivo</I> and <I>in vitro</I> experiments. The membranes coated with Nafion or MPC maintained a higher recovery than the uncoated membrane did in a six-day <I>in vivo</I> experiment. A flexible microdialysis probe is successfully developed for continuous monitoring of glucose in subcutaneous tissues for long-term clinical application.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 24(2), 190-194, 1998-03-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002835196
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4424746
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ