Push/Pull血液透析濾過法における溶質除去メカニズムの解明 Solute Removal Characteristics in Push/Pull Hemodiafiltration

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

大量液置換型血液浄化療法の1つとして注目を集めているpush/pull血液透析濾過法 (push/pull HDF) の溶質除去特性の解明を目的とし, 水系実験ならびに理論解析を通じ検討した.実験としては, (1) 単純HDF実験, (2) push/pull HDF実験, (3) 出口応答実験の3種を行った. (1), (2) の結果から, 拡散速度の大きいurea, creatinineでは, 溶質除去能を表す時間平均クリアランス<I>CL<SUB>av</SUB></I>は対照実験である血液透析 (HD) に比べ小さく, 一方高分子溶質の myoglobin では逆に大きい値をもつことが明らかとなった.また, push/pull切換えによる変動は myoglobin の<I>CL<SUB>av</SUB></I>を低下させることが, (3) の実験ならびに理論解析より明らかとなった.以上の知見をふまえ, push/pull HDFの至適操作条件の設定法について検討したところ, pull流量, push流量, リザーバ容量ともその値が大きいほど myoglobinの<I>CL<SUB>av</SUB></I>は増大することが明らかとなったが, 現実的には安全性とのかねあいで設定されるべきものと思われた.

Solute removal characteristics in push and pull hemodiafiltration (push/pull HDF) are examined during an experimental study and an analytical study. Three types of experiments were carried out : (a) traditional HDF, (b) push/pull HDF and (c) step change from hemodialysis (HD) to push/pull HDF. An output response method was applied for (b) and (c). From the results in (a) and (b), push/pull HDF has a lower efficiency of urea and creatinine removal than that in HD and a higher myoglobin removal. Output response in solute concentration on the blood side clarified the effect of switching of filtration direction in push/pull HDF. Value for time averaged myoglobin clearance increases with filtration flow rate in both pull and push phases and dialysate reservoir volume. Optimum operating conditions in a clinical situation, however, should take account of the patient's safety.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 24(2), 195-199, 1998-03-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002835208
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4424747
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ