抗血栓性材料における血液-材料界面の解析 Relationship between Blood Compatibility and Nonthrombogenic Polymer Surfaces

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

抗血栓性材料の設計概念として, 1) 多相系材料, 2) 高親水性材料, 3) 生理活性物質を利用した材料, 4) 生体膜類似表面を有する材料などが提唱されている.しかし, それらの設計概念による, 抗血栓性発現メカニズムの厳密な解答は得られていない.そのため, 血液一材料間相互作用の機序解明が望まれている.そこで我々は, それらの概念に基づく材料を, エピフルオレスセント・ビデオ・マイクロスコピー (EVM) システム, 拍動型左心室補助装置 (LVAD) モデルにより, 抗血栓性評価を行い, 材料との接触による血小板, 血漿タンパク, 補体などの血液成分の挙動の解析を行った.その結果, 材料との接触初期における血小板の粘着量がその後の血栓形成に反映し, 吸着タンパク層の組成, 厚さが表面の抗血栓性に影響を及ぼすことがわかった.補体活性と血小板粘着量との相関性はなかった.抗血栓性材料間での統一的な抗血栓性評価により, 血液-材料間相互作用の機序解明の指針が与えられた.

Hypotheses proposed to design nonthrombogenic polymer surfaces include, 1) phase-separated microdomain surfaces, 2) hydrophilic surfaces, 3) bioactive molecule incorporated surfaces and 4) biomembrane-like surfaces. In order to clarify the relationship between these surface design and their blood compatibility, we evaluated platelet adhesion and complement activation on these surfaces using an epifluorescent video microscopy (EVM) system, and analyzed adsorbed proteins on these surfaces using a sheep chronic left ventricular assist device (LVAD) model. The results are as follows ; 1) thrombogenesis depends on the amount of adhered platelet at the initial contact with blood on the surfaces, 2) nonthrombogenicity of the blood contacting surfaces is dependent on the thickness, conformation and components of adsorbed proteins on the surfaces and 3) complement activation is not correlated with the amount of adhered platelet.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 24(2), 217-221, 1998-03-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  22件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002835263
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4424751
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ