膨潤性ポリマーの薬物放出特性 Release Property of Swelling Controlled Polymer System

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 中野 義夫 NAKANO Yoshio
    • 東京工業大学大学院総合理工学研究科化学環境工学専攻 Interdisciplinary Graduate School of Science and Engineering, Tokyo Institute of Technology
    • 清田 佳美 SEIDA Yoshimi
    • 東京工業大学大学院総合理工学研究科化学環境工学専攻 Interdisciplinary Graduate School of Science and Engineering, Tokyo Institute of Technology

抄録

膨潤型薬物放出制御担体としてハイドロゲル膜, 薬物分子としてポリエチレングリコールを用い, 膨潤を伴う薬物放出担体の放出特性について検討を行った.ポリエチレングリコール (PEG : <I>M<SUB>w</SUB></I>=200,400, 1000, 3000) を包含させた乾燥ゲル膜の膨潤過程に伴うPEGの放出パターンを測定し, 経験式 (<I>M<SUB>t</SUB></I>/<I>M<SUB>∞</SUB></I>=kt<SUP><I>n</I></SUP> : 時間<I>t</I>に対するPEGの放出割合<I>M<SUB>t</SUB></I>/<I>M<SUB>∞</SUB></I>, 指数<I>n</I>) に基づいてPEG放出パターンを定量化した.指数<I>n</I>はゲルの含水率とPEG分子の分子量によって分類できることを明らかにした.含水率と細孔構造測定によりゲル膜のキャラクタリゼーションを行い, ゲル膜の膨潤過程においてその膜内に浸透剤の対流を誘発する細孔構造の存在を実験的に示した.対流を考慮した膨潤型薬物放出デバイスを記述する理論モデルを提案し, 指数<I>n</I>に及ぼすゲル膜の構造 (緩和速度), 薬物分子の分子量, 対流の影響をシミュレートすることによって, 膨潤型薬物放出デバイスの設計指針を示した.

Release property as well as release mechanism of drug loaded in polymer membrane undergoing swelling were studied. Release patterns of PEG from the dried membranes were evaluated for a series of molecular weight of PEG. The release patterns were quantified using the exponent <I>n</I> defined by the equation, <I>M<SUB>t</SUB></I>/<I>M<SUB>∞</SUB></I>=<I>kt<SUP>n</SUP></I>. The characterization (pore structure) of the membrane was also carried out by means of water permeation experiment. The membranes containing more than 90% water (wet basis) were found to form a pore structure available to promote penetrant convection in their swelling stage. Based on these experimental results, theoretical model of the swelling controlled release system was proposed. The effects of the structure of membrane, molecular size of drug and convection of penetrant on the release pattern were simulated well by this model. The mechanism of various release patterns was discussed from a viewpoint of diffusion of drug and relaxation of polymer network.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 24(2), 222-227, 1998-03-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002835286
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4424752
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ