皮下組織内グルコース濃度の計測のためのマイクロダイアリシス・プローブの物質移動特性 Mass Transfer Properties of Microdialysis Probe for Monitoring Glucose Level in Subcutaneous Tissues

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究の目的は, 皮下組織内のグルコースの連続計測のための高い回収率をもつマイクロダイアリシス・プローブの開発をすることである.<I>in vitro</I>実験で求められた物質移動係数を<I>in vivo</I>実験と比較した.再生セルロース中空糸膜によるマイクロダイアリシス・プローブを作成し, プローブ長さ15mmで潅流速度120μ<I>l</I>・<I>h</I><SUP>-1</SUP>が, 早い応答と高い回収率を得るのに最適であった.血糖値と皮下組織内グルコース濃度の関係を皮下にプローブを挿入して, 透析液のグルコース濃度を変化させて潅流実験を実施した.皮下組織内グルコース濃度は血糖値と大略一致した.皮下組織内のプローブ周囲の物質移動係数は, <I>k<SUB>ext</SUB></I>=1.2-2.4μm・s<SUP>-1</SUP>となり<I>in vitro</I>で得られる値<I>k<SUB>ext</SUB></I>=5.7-6.7μm・s<SUP>-1</SUP>の20%~50%の値を示した.

The purpose of this paper is to develop a microdialysis probe with higher recovery for continuous sensing of glucose concentration in subcutaneous tissue. The value for the mass transfer coefficient obtained by <I>in vitro</I> experiment is compared with that by <I>in vivo</I> experiment. Optimum conditions for fast response and high recovery are determined as a perfusion rate of 120 μ<I>l</I>·h<SUP>-1</SUP> and a probe length of 15 mm using regenareted cellulose capillary membrane. The relationship between the glucose concentration in blood and the glucose concentration in subcutaneous tissues was examined by inserting probes underneath the skin, and perfusing a dialysate of different glucose concentrations. The glucose concentration in subcutaneous tissues is found to be almostly consistent with that in blood. The mass transfer coefficient external to the probe in subcutaneous tissues, <I>k<SUB>ext</SUB></I>=1.22.4μm·s<SUP>-1</SUP>, is 2050% of the values of those obtained by <I>in vitro</I> experiments (<I>k<SUB>ext</SUB></I>=5.76.7μm·s<SUP>-1</SUP>).

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 24(2), 228-232, 1998-03-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  5件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002835297
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4424753
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ