低相対水蒸気圧下におけるゼオライト/水系の吸着平衡と吸着蓄熱に関する実験的検討 Experimental Study of Adsorption Equilibrium of Water on Zeolite and Adsorption Heat Storage under Low Relative Vapor Pressure

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ゼオライト/水系吸着・脱着の冷暖兼用の蓄熱システムへの適用を検討するため, ゼオライト/水系の低相対水蒸気圧条件下の吸着平衡を測定し, その結果に基づく吸・脱着サイクルの移動水蒸気量を検討した.また, 20wt-%塩化ナトリウム水溶液とゼオライト13Xを組み込んだ蓄熱装置を使用して, 本蓄・放熱サイクルの稼働特性について検討した.その結果0.1以下の低相対水蒸気圧の条件下において, 0.1kg・kg<SUP>-1</SUP>以上の水蒸気を可逆操作可能なサイクルが構成できること, および氷点以下の蒸発器温度での吸着の進行が確認された.塩化ナトリウムを凝固点降下剤として利用するゼオライト/水系吸着・脱着サイクルは, 暖房あるいは冷凍温度域の熱を供する蓄熱システムに適用できることが示唆された.

To apply the adsorption/desorption behavior of water on zeolite to a heat storage system which can generate both warm and cold heat, equilibrium data under low relative vapor pressure were measured. Based on the data the adsorptivities under adsorption/desorption are estimated. Heat storing/releasing characteristics were also studied by using an experimental heat storage device with 20 wt-% sodium chloride solution and zeolite 13 X. Heat storing/releasing cycles which have adsorptivity higher than 0.1 kg · kg<SUP>-1</SUP> per cycle even under relative vapor pressure as low as 0.1 and an evaporation process at temperatures lower than 0°C, are achieved. A water-zeolite type heat storage system using a slight amount of sodium chloride for lowering the solidification point of water is proposed for heating and freezing applications.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 24(2), 243-247, 1998-03-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002835319
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4424756
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ