サーマルスイング吸着式VOC濃縮装置用ハニカム吸着体の改善とスケールアップ技術について Advanced Honeycomb Adsorbent and Scaling-Up Technique for Thermal Swing Adsorptive VOC Concentrators

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

熱安定性の高い, セラミック繊維紙をハニカム構造を持つ吸着体マトリックスに成形し, 熱処理後, ハイシリカゼオライトとバインダーを分散させたシリカゾルの液に浸した.更に乾燥工程を経て, このマトリックスの繊維間の空隙にハイシリカゼオライトを含浸固着させ, 再生時に着火の恐れの無いVOC濃縮用のハニカム型吸着剤ローターを得た.ハニカム成形時に無機接着剤セピオライト (山皮) を用いた新しい吸着剤ローターでは, セピオライトを用いない従来の吸着剤ローターに比べ1.6~3.2倍の破壊強度の増加がみられた.又, この吸着剤ローター用に二種類の異なった形状のフッ素ゴムシールを開発し, 各ゾーン間及び外周部への空気の漏洩速度を測定し, 漏洩量が十分低い事を確認した.この製法に基づく吸着剤ローターとシール構造を用いて3,950mmφ×450mmLの大型VOC濃縮装置を製作して実機運転した結果, 代表的なVOCに対し, 10倍濃縮で90~95%除去という小型試験と同等の高い濃縮性能を持つことが判った.

A honeycomb laminate was formed first with a ceramic fiber paper of high thermal stability. The matrix was then dipped into a dispersion of high-silica zeolite powder and inorganic binder in silica sol after heat treatment, and dried again to obtain a get honeycomb structure for the VOC concentrating rotor tightly coated with high-silica zeolite. When mountain leather, a kind of fibrous clay mineral of sepiolite, was applied to the honeycomb rotor as a fabricating adhesive, this new VOC concentrating rotor was found to have a 1.6-3.2-tims higher rupture strength than that without mountain leather. We also developed two different shapes of seal between the flow sectors with fluorinated rubber, and measured the rate of leakage across each seal under various pressure differences to confirm a negligible amount of leakage. A large scale adsorbent rotor was manufactured with this new method and with a set of new design seals to show its high performance of 90 to 95% VOC removal efficiency for a 10 times concentration ratio, equivalent to that of a small size unit.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 24(2), 248-253, 1998-03-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002835331
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4424757
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ