蒸留塔系における成分収支を利用した流量計の故障診断 Fault Diagnosis of Flowmeters in Distillation Tower Systems by Use of Component Balances

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本論文は, 成分分析値に含まれる誤差を流量計の誤差とは無関係に推定し, 成分収支式を流量計の誤差に関する線形な関係式に変換する方法を提案する.これにより流量計の故障診断に成分収支式を利用することが可能となり, 診断結果の質が大幅に向上することが期待できる.この方法の有効性と限界を示すために, 実プラントの流量計の故障診断に応用した結果について報告する.

This paper presents a method to estimate errors in measured weight fractions independently of errors in measured flowrates and reduce component balances to linear relationships among errors in measured flowrates. This makes it possible to use component balances in fault diagnosis of flowmeters in order to improve diagnostic results. Results of a feasibility test in a commercial plant are also reported to show its performance and limitations.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 24(2), 266-272, 1998-03-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002835358
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4424760
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ