水性二相分配法とPEG分画沈殿法を組み合わせたβ-galactosidaseの分離精製プロセス Purification Process for β-Galactosidase Using Aqueous Two-Phase Partitioning and PEG Fractional Precipitation

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 久保井 亮一 KUBOI Ryoichi
    • 大阪大学大学院基礎工学研究科化学系専攻 Department of Chemical Science and Engineering, Graduate School of Engineering Science, Osaka University
    • 山原 克仁 YAMAHARA Katsuhito
    • 大阪大学大学院基礎工学研究科化学系専攻 Department of Chemical Science and Engineering, Graduate School of Engineering Science, Osaka University

抄録

タンパク質の表面特性の相違に基づき, 水性二相分配法とPEG分画沈殿法の組み合わせによる, 大腸菌 (W3110株) からの目的細胞質酵素β-galactosidaseのシンプルかつ効率的な分離プロセスを構築した.使用した水性二相分配系においてβ-galactosidaseはPEG相 (上相) に分配する.回収した上相に塩を添加していくことによってβ-galactosidaseと他の共存全タンパク質の溶解度を制御し, PEG分画沈殿を行うことでβ-galactosidaseを選択的かつ高収率で回収することができた.

Combining aqueous two-phase partitioning and PEG fractional precipitation, a simple and effective purification process for the target intra-cellular enzyme β-galactosidase (β-gal) from <I>E. coli</I> (W 3110) cells was developed based on the evaluated differences between surface properties of β-gal and those of other total soluble proteins. β-gal was partitioned to the PEG rich top phase of the used aqueous two -phase system and finally recovered at high selectivity and yield with the following PEG fractional precipitation mediated by the addition of salt to the separated top phase.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 24(2), 285-290, 1998-03-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  26件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002835389
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4424763
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ