非等速吸引による粒子濃度測定誤差におよぼすノズル形状の影響 Influence of Suction Nozzle Shape on Measured Particle Concentration due to Anisokinetic Sampling

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ダクト中の粒子の非等速吸引による粒子濃度誤差のノズル形状及び厚さによる影響を非圧縮性粘性流に有限要素法を適用して解析した.ノズルの相対厚さ (<I>d<SUB>o</SUB></I>/<I>d<SUB>n</SUB></I>) は1.05~1.5とした.解析結果より, ノズルの厚さの相違が非等速吸引誤差に与える影響は小さく, むしろノズルの先端形状による影響の方が大きかった.慣性パラメータΨが1.0より小さくなると, 粒子軌跡はノズル先端周辺の流れの変化の影響を受けるため, 複数の限界粒子軌跡がみられるようになり, その領域では非等速吸引誤差は不安定となることがわかった.

The influence of shape of suction nozzle on the measured particle concentration due to the anisokinetic sampling in duct is numerically analyzed by taking account of the viscous effect of a fluid. As a result, predicted results agree well for Ψ>1 with those obtained from potential theory. But instability of the measured concentration is observed when the inertia parameter is smaller than 1.0 for a nozzle with a taper edge. This explains well the instability of measurement concentration for Ψ<1.0, because of the multiple limiting trajectories.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 24(2), 299-305, 1998-03-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002835426
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4424765
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ