マイクロチャネルによるO/W乳化法における界面活性剤濃度と液滴生成圧力の関係, およびこれらが液滴径におよぼす影響 Relationship between Concentration of Surfactant and Pressure for Droplet Creation, and Effect on Droplet Size in Microchannel O/W Emulsification

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 川勝 孝博 KAWAKATSU Takahiro
    • 東北大学大学院工学研究科化学工学専攻 Department of Chemical Engineering, Graduate School of Engineering, Tohoku University
    • 小森 秀晃 KOMORI Hideaki
    • 東北大学大学院工学研究科化学工学専攻 Department of Chemical Engineering, Graduate School of Engineering, Tohoku University
    • 織田 直哉 [他] ODA Naoya
    • 東北大学大学院工学研究科化学工学専攻 Department of Chemical Engineering, Graduate School of Engineering, Tohoku University
    • 米本 年邦 YONEMOTO Toshikuni
    • 東北大学大学院工学研究科化学工学専攻 Department of Chemical Engineering, Graduate School of Engineering, Tohoku University

抄録

微細加工技術に基づいてシリコン基板上に作製されたマイクロチャネルを用いてO/Wエマルションを生成させ, 界面活性剤濃度と液滴生成圧力の関係, さらにこれらが液滴径におよぼす影響を検討した.油相にトリオレイン, 水相には界面活性剤としてラウリル硫酸ナトリウム (SDS) を溶かした水溶液を用いた.SDS濃度が高くなると, 水相と油相の界面張力が小さくなるため, 液滴生成に必要な圧力が減少した.しかし, 臨界ミセル濃度を超えると界面張力が変化しなくなるため, 液滴生成圧力は一定値となった.これは, 水相にNaClを添加した系でも同様であった.また, SDS濃度や圧力の影響を受けず, 平均液滴径は20μmとなり, 幾何標準偏差1.03以下の単分散性を示すことが分かった.

O/W emulsion was produced with use of microchannels constructed on a single-crystal siliconsubstrate plate by micromachining technology. The relationship between concentration of surfactant and pressure for droplet generation is studied, and the effect of them on droplet size is also investigated. Triolein and sodium lauryl sulfate (SDS) aqueous solution were used for oil and water phases, respectively. As SDS concentration increases, the interfacial tension between oil and water phases decreases and pressure for droplet generation becomes low. When the SDS concentration exceeds the critical micelle concentration, the interfacial tension and the pressure for droplet generation are constant. A similar phenomena is observed for the SDS solution to which NaCl is added. Average droplet size was 20 μm and independent of the SDS concentration and pressure. The geometric standard deviation is below 1.03, which indicates monodispersion of droplets.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 24(2), 313-317, 1998-03-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002835449
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4424767
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ