フルフラール吸着炭のメタノールによる再生 Regeneration of Furfural on Activated Carbon with Methanol

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

活性炭の溶剤再生法は吸着質の回収を目的とした場合に有効な方法の一つである.そこで, フルフラール水溶液に対して飽和吸着に達した活性炭カラムに, メタノールを流通し, フルフラールを脱着させた.吸・脱着操作を連続して5回繰り返し活性炭吸着能力の再生効果を調べ, また, メタノール流速とフルフラール吸着量を変えて, 脱着時におけるフルフラールとメタノールの総括物質移動係数<I>K</I><SUB>F</SUB><I>α</I><SUB>v</SUB>を求め, 脱着機構を検討した.<BR>その結果, 吸・脱着操作を連続して繰り返してもフルフラールとメタノールの<I>K</I><SUB>F</SUB><I>α</I><SUB>v</SUB>はそれぞれ変わらず一定であった.フルフラール吸着量の影響では, メタノールの<I>K</I><SUB>F</SUB><I>α</I><SUB>v</SUB>はほぼ一定であり, フルフラールの<I>K</I><SUB>F</SUB><I>α</I><SUB>v</SUB>は吸着量が多いほど小さくなった.メタノール流速の影響ではメタノールのSVが増すとメタノールの<I>K</I><SUB>F</SUB><I>α</I><SUB>v</SUB>が変化した.<BR>結論として, フルフラール吸着炭のメタノールによる脱着機構は, 水溶液とメタノール中における吸着平衡の差が支配的であるが, その他に, 脱着速度はカラム内の混合拡散に影響され, 粒子内では表面拡散が支配的であることが判明した.

The solvent desorption method is one of the best processes for regenerating spent activated carbons. Activated carbon saturated with furfural was regenerated with methanol in a flow mode. Adsorption-desorption cycles were repeated five times. The effects of operating conditions were investigated by varying methanol flow rate and the amount of furfural adsorbed, q. Overall mass transfer coefficient, <I>K</I><SUB>F</SUB><I>α</I><SUB>v</SUB>, of furfural and methanol at desorption steps is determined by comparison with the theoretical desorption curves.<BR>As a result, the <I>K</I><SUB>F</SUB><I>α</I><SUB>v</SUB> of furfural and methanol is constant through adsorption-desorption was repeated five times. Regarding the effect of q, <I>K</I><SUB>F</SUB><I>α</I><SUB>v</SUB> of furfural decreased as q increases, and <I>K</I><SUB>F</SUB><I>α</I><SUB>v</SUB> of methanol was approximately independent of q. For the effect of changing SV of methanol, <I>K</I><SUB>F</SUB><I>α</I><SUB>v</SUB> of methanol is found to increase as SV increases.<BR>The main factor in desorption of furfural from activated carbon is determined by the difference of adsorption equilibrium in aqueous solution from that in methanol solution. Further, the rate determing steps of desorption of furfural are found to be both the back mixing in the column and the surface diffusion in the particle.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 24(2), 329-333, 1998-03-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  17件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002835477
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4424770
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ