大小二成分系ドラフトチューブ付き噴流層の最小噴流化速度 Minimum Spouting Velocity of Binary Particle Systems in a Spouted Bed with a Draft Tube

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ドラフトチューブ付き噴流層の安定操作に関して, ガラスビーズを用いた大・小二成分系の最小噴流化速度が3つの定義に基づいて算出された.その場合, それらに与える小粒子混合割合やエントレメント区間の影響が検討され, さらに大粒子のみの場合とも比較され.<BR>その結果, 安定な噴流化操作は, 最小の安定噴流化速度以上での流速で行う必要があること, また大粒子群中への小粒子の少量の混入によって, 最小の安定噴流化速度が著しく減少することが認められた.

For stable operation of a spouted bed with a draft tube, the minimum spouting gas velocity for binary mixtures of glass beads is calculated based on three definitions. The effects of the mass fraction of finer particles and the distance of entrainment zone are investigated, and the minimum spouting velocity is compared with that of coarser particles only.<BR>As a result, it is shown that a higher gas velocity than the minimum stable spouting gas velocity necessitates for the stable spouting, and the addition of only a small amount of finer particles causes the bed to spout at a much lower gas velocity.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 24(2), 346-348, 1998-03-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002835517
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4424774
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ