熱化学法ISプロセスの閉サイクル連続水素製造試験 Closed-Cycle Continuous Hydrogen Production Test by Thermochemical IS Process

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 中島 隼人 NAKAJIMA Hayato
    • 日本原子力研究所核熱利用研究部 Department of Advanced Nuclear Heat Technology, Japan Atomic Energy Research Institute
    • 小貫 薫 [他] ONUKI Kaoru
    • 日本原子力研究所核熱利用研究部 Department of Advanced Nuclear Heat Technology, Japan Atomic Energy Research Institute
    • 清水 三郎 SHIMIZU Saburo
    • 日本原子力研究所核熱利用研究部 Department of Advanced Nuclear Heat Technology, Japan Atomic Energy Research Institute

抄録

実験室規模の装置を用いて, 熱化学水素製造法ISプロセスの閉サイクル連続水素製造試験を行った.酸生成反応, 二液相分離, 酸分解反応等に関する実験結果を考慮して全系物質収支を定めた.水素製造速度1.2dm<SUP>3</SUP> (S.T.P.)/hのもとで24時間の連続運転試験を行った結果, 量論比の水素と酸素を安定に発生させることができた.運転の前後における循環溶液組成はほとんど変化しなかった.

A laboratory scale demonstration experiment was carried out for an iodine-sulfur thermochemical hydrogen production process. The material balance is determined by considering the experimental results of the acid formation, separation of the two phases and the acid decomposition. In a 24-hour continuous hydrogen production experiment with the rate of 1.2 dm<SUP>3</SUP>/h S.T.P., stoichiometric and stable production of hydrogen and oxygen was achieved. Little change of the composition of the process solution was confirmed by comparison before and after the experiment.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 24(2), 352-355, 1998-03-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002835529
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4424776
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ