装置の整備・補修が頻発する工場のための分散型スケジューリングアルゴリズム Decentralized Scheduling Algorithm for Manufacturing Plants Reguiring Frequent Repairs

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

生産技術の未成熟な工場において, 装置補修, 装置故障, 不良品, 割り込み受注は予め決められたスケジュールに従って生産することを阻害し, 生産性の低下, リードタイムの延長の原因となっている.<BR>ここでは, 適正な予防的補修を行えば故障や不良品の発生を抑えることができると考えて, 装置補修を頻繁に行っても高い生産性, 短いリードタイムを保持することができる分散型スケジューリングアルゴリズムを提案する.さらに, 特定用途向集積回路製造工場の実データから作成したプラントモデルを用いてシミュレーションを行い, その有効性を確かめた.

Eguipment repair, eguipment failure, inferior goods, and urgent orders are major obstacles for scheduled production, and contribute to low productivity and long lead-time in manufacturing plants with incomplete production technology.<BR>This paper presents a decentralized scheduling algorithm under the assumption that proper preventive repairs can decrease the occurrence of equipment failure and inferior goods. This algorithm can realize high productivity and short lead-time and be hardly affected by frequent equipment repair. The effectiveness of this algorithm is demonstrated by simulations of a plant model based on real plant manufacturing application specified integrated circuits.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 24(4), 538-545, 1998-07-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  2件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002835595
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4507322
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ