化学吸収法による炭酸ガス分離に伴うタービン出力低下量の計算評価 Evaluation of Power Loss for CO_2 Recovery from Flue Gas of Fossil Fuel-Fired Power Plant by Chemical Absorption Method

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

火力発電所に化学吸収法の炭酸ガス分離プロセスを適用する場合, 炭酸ガス分離プロセスの廃熱を給水・復水系統に利用して発電出力を回復するシステムについて発電出力の減少量を計算した. このようなシステムでは廃熱回収をしないケースと比べて出力減が1/3となるような大幅な出力回復が見込まれ, 廃熱回収の有効性が確認できた.<BR>天然ガスだき発電プラントで最新の化学吸収剤 (KS-1, KS-2) を適用し炭酸ガス分離廃熱を回収すると, 発電出力減は約5%のレベルである.また, 石炭だき発電プラントのケースでは発電出力減は約9%のレベルである.

A process for recovering CO<SUB>2</SUB> from the boiler flue gas of a power plant by a chemical absorption method requires a large amount of steam to regenerate the spent absorbent.<BR>The recovery heat exhausted from the CO<SUB>2</SUB> recovery process and utilization of the recovered heat as a sourse of power plant feed water heating is studied. The reduction of generated power, required for the CO<SUB>2</SUB> recovery from the flue gas by the chemical absorption method is evaluated.<BR>The effectiveness of such a heat recovery process is assessed in terms of the power loss. The power loss by heat recovery is decreased to one-third compared with that in the case of no heat recovery.<BR>The reduction of power generated in a natural gas-fired power plant is evaluated to be about 56 % when new absorbents KS-1 and KS-2 are used in the CO<SUB>2</SUB> recovery process. In the case of a coal-fired power plant, the power loss amounts to about 9%.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 24(4), 546-551, 1998-07-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  1件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002835598
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4507323
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ