シリカゲルシード添加法による地熱水からのシリカ除去に及ぼすpHおよび操作条件の影響 Effects of pH and Operational Conditions on Silica Removal from Geothermal Brine by Seeding Method Using Silica Gel

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

地熱水処理へのシリカゲルシード添加法の応用を想定して, モデル地熱水からのシリカ除去に及ぼすpHおよび操作条件の影響について実験的に検討した.諸条件におけるシリカ擬安定濃度を求め, シリカ除去率の算出に用いた.<BR>初期pHの値は5~9の範囲で変えられた.初期シリカ濃度が0.5kg-SiO<SUB>2</SUB>・m<SUP>-3</SUP>の場合, シリカ除去率は初期pHに伴い高くなる.一方, 初期シリカ濃度が0.7kg-SiO<SUB>2</SUB>・m<SUP>-3</SUP>の場合, シリカ除去率は初期pHの増加に対して極大値, 極小値を持ち, 初期シリカ濃度が0.9kg-SiO<SUB>2</SUB>・m<SUP>-3</SUP>の場合, 極小値を持つ.初期シリカ濃度が低い場合, シリカ除去率はプレシーディング時間に影響されないが, 初期シリカ濃度が高い場合, プレシーディング時間に伴いシリカ除去率は減少する.本研究の結果から, 本シード添加法は多くの地熱水処理に適用可能であると推測される.

For the seeding method by using silica gel, the effects of pH and operational conditions on the silica removal performance are experimentally investigated. The silica removal ratio is estimated by the quasi-stable concentration of silica measured under various conditions.<BR>The initial pH was changed in the range of 5-9. When the initial silica concentration is 0.5 kg-SiO<SUB>2</SUB>·m<SUP>-3</SUP>, the silica removal ratio increases with increasing initial pH. The silica removal ratio has a maximum and a minimum when the initial silica concentration is 0.7 kg-SiO<SUB>2</SUB>·m<SUP>-3</SUP>, and has a minimum when the initial silica concentration is 0.9 kg-SiO<SUB>2</SUB>·m<SUP>-3</SUP>. When the initial pH is the same, the silica removal ratio increases with increasing temperature and with decreasing initial silica concentration. While the silica removal ratio is not affected by the pre-seeding time in the case of lower initial silica concentrations, it increases with decreasing pre-seeding time in the case of higher initial silica concentrations. The seeding method is considered to be applicable to treat the present geothermal brine.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 24(4), 552-557, 1998-07-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  22件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  9件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002835600
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4507324
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ