ワイヤーコイルを用いた円管内熱伝達の促進 -管内壁とワイヤーコイルとの隙間の影響- Heat Transfer Enhancement in Round Tube Using Wire Coil -Influence of Clearance between Inner Wall and Wire Coil-

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

円管内にワイヤーコイルを乱流促進体として用いた場合の熱伝達と流動抵抗に対する管内壁とワイヤーコイルとの隙間の影響について実験的に検討した.実験した隙間としてはε/<I>D<SUB>i</SUB></I>=0.007, 0.05, 0.15, 0.21そして0.30の5種類である.結果として, 隙間が非常に小さい場合, ワイヤーコイルを挿入しない場合に対し熱伝達と流動抵抗は, それぞれ, およそ3倍と10倍として得られた.隙間が0<ε/<I>D<SUB>i</SUB></I><0.05の範囲においては熱伝達と流動抵抗はさほど大きな差は見られないが, 0.05以上においては, それらは隙間が増すと共に減少することを示した.この熱伝達の相関として500<<I>Re</I><SUB>H</SUB><7,000の領域に対して<I>Nu</I><SUB>H</SUB>= {0.231-0.456・ (ε/<I>D<SUB>i</SUB></I>)} ・<I>Re</I><SUB>H</SUB><SUP>0.64</SUP>・<I>Pr</I><SUP>1/3</SUP>を得た.これは±7.0%以内でデータを満足した.これよりワイヤーコイルを乱流促進体として用いる場合の隙間に関する基礎資料を提供することができた.

Experiments were performed to study heat transfer enhancement in a round tube using wire coils as turbulators. The present study investigates the effect of the clearance between the inner wall of the tube and the wire coil (ε/<I>D<SUB>i</SUB></I> = 0.007, 0.05, 0.15, 0.21 and 0.30). The wire coils were made from 1.50 mm diameter copper wire. The test fluid was water. Both heat transfer and pressure drop are measured, and were compared with data for empty tube case.<BR>As a result, the heat transfer and the pressure drop decrease with the increasing clearance. A heat transfer correlation is given as <I>Nu</I><SUB>H</SUB> = {0.231-0.456 (ε/<I>D<SUB>i</SUB></I>)} · <I>Re</I><SUB>H</SUB><SUP>0.64</SUP>· <I>Pr</I><SUP>13</SUP>.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 24(4), 568-572, 1998-07-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002835651
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4507327
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ