ワイヤーコイルを用いた円管内熱伝達の促進 -長さおよび分割による影響- Heat Transfer Enhancement in Round Tube Using Wire Coil -The Influences of the Length and the Segmentation-

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

管内の熱伝達を促進させるため, 乱流促進体を挿入する方法がある.著者らは乱流促進体としてワイヤーコイルを用いた場合についての研究を進めている.前報では管内壁とワイヤーコイルとの隙間の影響について報告した.本報告では試験部の長さに対するワイヤーコイルの長さの割合や分割した場合について熱伝達と流動抵抗を実験的に求めたので報告する.結果として, 試験部の長さに対しワイヤーコイルの長さを短くすればするほど熱伝達と流動抵抗は共に小さくなり, 熱伝達に対する相関として<I>Nu</I><SUB>H</SUB>=0.227・ (<I>l</I>/<I>L</I>) <SUP>1.6</SUP>・<I>Re</I><SUB>H</SUB><SUP>m</SUP>・<I>Pr</I><SUP>1/3</SUP>を得た.また, ワイヤーコイルの全長を同じとした場合, 分割することにより熱伝達が増大する結果を得た.

Experiments were performed to study the heat transfer enhancement in a round tube using wire coils as turbulators. The present study investigates the effects of length and segmentation of the wire coil. Experiments were conducted for three different wire coils (1, 000, 500, and 300 mm) on the effect of length. The wire coils used to measure the effect of segmentation were three different types, and, total lengths of these wire coils were all the same (500 mm × 1, 100 mm × 5, and 50 mm × 10). The wire coils were made from 1.5 mm diameter copper wire. The test fluid was water. Both heat transfer and friction factor were measured, and are compared with each other.<BR>As a result, the heat transfer and the friction factor decrease with increasing clearance. The heat transfer correlations are given as Eq. (7) in the case of the effect of the length, and Eq. (10) in the case of the segmentation.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 24(4), 573-577, 1998-07-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002835660
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ