重力傾斜法による二成分ヒートパイプ内で起こるマランゴニ効果の検討 Investigation of the Marangoni Effect Caused by Concentration Difference in Two-Component Heat Pipe by Gravity Inclination Method

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 倉前 正志 KURAMAE Masashi
    • 北海道大学大学院工学研究科 都市環境工学専攻 Depatrment of Urban and Environmental Engineering, Hokkaido University

抄録

二成分ヒートパイプにおいて濃度差によって生じるマランゴニ効果に基づく作動液の帰還力を重力場で測定するために, ヒートパイプの限界熱輸送量測定に用いられている重力傾斜法を適用して検討を行なった.その結果, 先に行われた微小重力実験結果から予想されるように, 水に対して少量の第二成分を含む液体を作動液としたヒートパイプにおいてマランゴニ効果による液帰還力が大きくなることが示された.なお, 水・アセトン系の二成分ヒートパイプについて実験によって得られた結果は水・エタノール系二成分ヒートパイプの場合と異なり前報で提示した簡単なモデルから推定される結果と一致しなかったが, これは二成分ヒートパイプのNTUを考慮することによって定性的に説明できることが示された.

The gravity inclination method, which has been utilized for measuring the heat transport capability of a heat pipe, is applied to estimate the reflux force of the Marangoni effect caused by concentration difference in a two-component heat pipe in a gravitational field. It is shown that the Marangoni force become larger for heat pipes containing water-ethanol or water-acetone solution of relatively dilute concentration, as expected by previous microgravity experiments. Experimental results ofheat pipes containing water-acetone mixture, which were different from those of water-ethenol mixture, do not agree well with the results predicted by the method as designated in the previous paper. However, these are explained by considering the difference of NTU (number of transfer unit) of each two-component mixture.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 24(4), 591-596, 1998-07-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002835683
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4507330
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ