化学粉砕法によるリサイクル紙繊維とポリマーとの複合体粒子の調製 Preparation of Composite Particles Composed of Waste Polymer and Paper Fiber by Chemical Crush Method

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ポリマーと古紙繊維との複合体粒子が化学粉砕法により調製された.古紙繊維として, 新聞紙繊維が利用された.また, 廃ポリマーとして懸濁重合により生成されたポリスチレンビーズが採用された.実験では, 繊維のポリマー溶液相への親和性を調節するために, 繊維を予め二, 三種類の処理剤により処理した.調製された複合体粒子の機械的強度は, 繊維の添加によって向上した.また, 処理剤濃度には最適値が存在することが分かった.

Composite particles composed of waste polymer and waste paper fibers were prepared by a chemical crushing method.<BR>Newspaper was used as paper fiber. Polystyrene beads, which were prepared by suspension polymerization, were adopted as the waste polymer. In the experiment, in order to adjust the affinity for the polymer solution, paper fibers were pretreated using a few treatment agents.<BR>It is found that the mechanical strength of the composite particles increases by addition of fibers. Furthermore, it is found that there is an optimum concentration for each treatment agent.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 24(4), 603-608, 1998-07-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002835698
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4507332
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ