CE行列を用いた異常診断 Faults Diagnosis Utilizing CE-Matrices

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 三浦 秀都 MIURA Hideto
    • 名古屋工業大学工学部 生産システム工学科 Department of Systems Engineering, Nagoya Institute of Technology
    • 米谷 昭彦 YONEYA Akihiko
    • 名古屋工業大学工学部 生産システム工学科 Department of Systems Engineering, Nagoya Institute of Technology
    • 橋本 芳宏 HASHIMOTO Yoshihiro
    • 名古屋工業大学工学部 システムマネジメント工学科 Department of Systems Management and Engineering, Nagoya Institute of Technology
    • 戸苅 吉孝 TOGARI Yoshitaka
    • 名古屋工業大学工学部 生産システム工学科 Department of Systems Management and Engineering, Nagoya Institute of Technology

抄録

本論文ではオンラインリアルタイムに異常源を診断できる容易なアルゴリズムを提案する.この方法は, 一方向的な変化だけでなく, 正常に復帰する変化や振動的な変化に対しても異常源診断が可能という点で単層の符号付き有向グラフより優れ, 異常進行に伴い階層数が急増する多層アルゴリズムに比べて, 必要とする記憶容量がきわめて少ないという特徴をもつ.また, CE行列の利用により, 異常経路をブール代数で算出でき, 経路をいちいち探索する必要がない.

In this paper, an algorithm is proposed for on-line real-time diagnosis of faults that cannot be diagnosed by conventional algorithms. Pulse-type failures or failures involving oscillating statevariables, for example, can be diagnosed, and with far less memory than by a multistage algorithm in which the number of stages increases with fault proliferation. Through the use of a cause-effect matrix, possible fault proliferation paths can be rapidly calculated by a Boolean.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 24(4), 615-619, 1998-07-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002835727
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4507334
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ