懸濁重合における固体微粉末安定剤のポリマー粒子径に及ぼす影響 Effect of Solid Powders as Stabilizers on Polymer Particles Sizes in Suspension Polymerization

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

懸濁安定剤としてリン酸三カルシウム粉末 (TCP) を使用して, スチレンの懸濁重合を実施した.そして, TCPに2, 3の界面活性剤を吸着させることにより連続水相中における帯電特性を変化させ, ポリマー粒子径に及ぼす影響を検討した.<BR>ζ電位0mV付近において, TCPは凝集したが, ポリマー上滴表面への付着量は増加した.結果として, 粒径が小さく, 均一性の高いポリマー上粒子が生成された.

Suspension polymerization was performed using Tricalcium Phosphate (TCP) as a stabilizer. The zeta potential of TCP in the continuous water phase varied with surfactants adsorbed on TCP, and by changing surfactants, the effect on the polymer particle size was investigated.<BR>At about 0 mV zeta potential of TCP, it coagulated, but the adhesion amount of TCP on the droplet surface increased. Consequently, polymer beads with smaller size and higher uniformity were prepared.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 24(4), 633-637, 1998-07-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  5件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002835753
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4507337
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ