アセトアルデヒド用吸着剤の開発に関する研究 Study on Development of Adsorvent of Acetaldehyde

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

アミノ基とアルデヒド基との化学反応性に着目してアセトアルデヒド用の吸着剤を開発する研究を行った.硫酸アルミニウム・ヒドラジン複塩を, シリカゲルや活性白土に添着することにより, ヒドラジンの活性と大気中での化学的な安定性を両立させ得ることを見出し, アセトアルデヒド用吸着剤の製造方法を開発した.本方法で製造した吸着剤へのアセトアルデヒド吸着の機構は, ヒドラジンとアセトアルデヒドとの化学反応によるアセトアルダジンの生成によるものと推定し, 水溶液で反応させて得た物質を熱分解-GC/MS法により解析して, その生成を検証した.また, 吸着が化学吸着が主体であるため, 0.1ppm以下の低濃度での吸着容量は1.36mol/kgにもなる.本方法で製造した吸着剤を半年間大気中に放置した後も, 添着したヒドラジンの残留量は製造直後とほとんど変化せず, 吸着性能を維持している.

The adsorption of acetaldehyde by porous ceramics impregnated with hydrazinium aluminum sulfate (HAS) is studied. Silicagel, activated alumina, activated clay, and activated carbon are compared, and it is found that silicagel and activated clay are suitable as a substrate for HAS impregnated adsorbent. The adsorption mechanism of acetaldehyde by the adsorvent is believed to be one in which acetaldehyde reacts with hydrazinium and yields acetaldazine. The adsorption capacity of the adsorvent at low acetaldehyde concentration of 0.1 ppm was as large as 1.36 mol/kg. This adsorption capacity at 0.1 ppm acetaldehyde concentration is remarkably larger than that of conventional activated carbon. Hydrazinium decomposes easily in the air because it is a strong reducing agent and reacts with oxygen or carbon dioxide. But hydrazinium impregnated on porous ceramics with HAS becomes more stable and maintains reactivity with acetaldehyde for longer than six months. An adsorbent made of porous ceramics impregnated with HAS is useful as a deodorant for acetaldehyde.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 24(4), 646-652, 1998-07-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002835775
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4507340
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ