晶析プロセスシミュレーションにおける特性曲線法と有限差分法の比較 Comparison of the Method of Characteristics wiht a Finite Difference Scheme for Crystallization Process Simulation

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

特性曲線法は一階偏微分方程式のシミュレーションに適した数値解法である.本研究は, 特性曲線法を拡張し, 結晶成長速度が粒径依存性をもつ場合でも使用可能な, 晶析プロセスシミュレーションアルゴリズムを開発した.偏微分方程式の数値計算によく用いられる有限差分法と開発した特性曲線法を使って, 晶析プロセスモデルのシミュレーションを行い, 計算結果を比較した.有限差分法では, 解が強いメッシュ依存性を示したのに対し, 特性曲線法では, メッシュ数を変えても同一の解が得られた.また, これら2つの計算法を使って得られる解の間には明らかな違いが見られたため, 有限差分法による数値解は数値拡散による大きな誤差を含むことが明らかとなった.

The method of characteristics is a numerical algorithm which is well suited to the simulation of first-order, partial differential equations. In this study, the method of characteristics is extended to enablethe simulation of crystallization processes even when the crystal growth rate varies with crystal size. A finite difference scheme and the method of characteristics are compared in terms of simulation results of a crystallization process. When the method of characteristics is employed, the numerical result is not affected by the mesh size, whereas the numerical solution obtained by applying a finite difference scheme shows strong mesh dependency. Since the numerical results obtained using the finite difference scheme are significantly different from those obtained using the method of characteristics, it is shown that the finite difference solution is strongly influenced by the numerical dispersion.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 24(4), 665-669, 1998-07-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  5件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002835805
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4507343
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ