ゾーンメルティングによる水溶液の高純度化の検討 Application of Zone Melting to Purification of Aqueous Solution

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

通常, 固相での分離に限られるゾーンメルティングプロセスにつき, 試料管もヒータも移動させない, かつ液相を冷凍する操作法を用い, 液体の高度分離の可能性が検討された.<BR>廃液の減容化を想定したコバルト水溶液の濃縮実験を行い, ゾーンメルティング操作回数1の時, 初期コバルト濃度を約40%低減できた。従って, ヒータ数, 操作回数を増せばさらに不純物を低減できる.

Zone melting process usually limited to separation in the solid phase was examined to purify frozen aqueous solution by using a new zone melting technique developed by authors. This new process without movement of either sample tube or heaters enabled us to realize zone melting operation to the frozen aqueous solution.<BR>Experiments of cobalt concentration in the aqueous phase showed 40% reduction of initial concentration with one zone path number. Therefore, more reduction of impurity concentration can be expected by increasing zone path number.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 24(4), 675-677, 1998-07-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  3件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002835829
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4507345
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ