塩化ナトリウム結晶添加によるカルサイト形炭酸カルシウムの生成 Formation of Calcite by Addition of Sodium Chloride Crystal

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 鵜飼 健司 UKAI Kenji
    • 早稲田大学理工学部 応用化学科 Applied Chemistry, School of Science and Engneering, Waseda University
    • 豊倉 賢 TOYOKURA Ken
    • 早稲田大学理工学部 応用化学科 Applied Chemistry, School of Science and Engneering, Waseda University

抄録

塩化カルシウム水溶液と炭酸ナトリウム水溶液との反応において, 反応初期に生成する非晶質炭酸カルシウム懸濁溶液中に塩化ナトリウム結晶を添加し, その添加時間を変えることにより生成するカルサイトの粒径分布に及ぼす影響を検討した.また, 操作温度が293Kから328Kの範囲において塩化ナトリウム結晶を添加することにより菱面体カルサイトが選択的に生成する事を明らかにした.

Precipitation of calcite is studied by reaction between aqueous solutions of calcium chloride and sodium carbonate in a batch crystallizer. Calcium carbonate intermediate generated by the reaction between these solutions is transformed to calcite quickly by addition of sodium chloride crystals, and the shape and the range of crystal size distribution of precipitated calcite is affected by the addition time of sodium chloride crystal. The operational temperature which calcite precipitated dominantly is determined in the range of 293 K to 328 K.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 24(4), 682-685, 1998-07-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  2件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002835839
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4507347
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ