位相時間遅れの少ないリアルタイムデータ平滑化の簡易設計法 Simple Design of a Real-time Data Smoothing Method to Reduce a Large Time Phase Delay

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

プロセス制御では, 雑音が重畳した信号のリアルタイム平滑化処理に移動平均法や指数平滑フィルタが使用される.しかし, 応答遅れが大きいプロセスの信号に適用した場合, 大きな位相時間遅れが生じ, 制御を難しくする.本論文では, 移動平均法を改良した, 位相時間遅れの少ない簡易設計法を提案する.本法を実プロセスの組成データに適用した結果, 有効であることがわかった.

Real-time data smoothing of noisy process signals using the moving average method and exponential smoothing filter are useful in process control. However, they have a large time phase delay, and control is very difficult to apply for processes having a large time delay. In this paper, a very simple way using modified moving average method is introduced. This method is applied to practical concentration signals. The proposed method is very easy to design, and an effective way to reduce a large time phase delay

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 24(4), 686-688, 1998-07-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  4件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002835842
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4507348
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ