光混合栄養培養におけるフタバネゼニゴケ細胞の増殖に及ぼすグルコース濃度, 培地浸透圧と光強度の効果 Effects of Glucose Concentration, Medium Osmotic Pressure and Light Intensity on the Growth of Marchantia paleacea var. diptera Cells in Photomixotrophic Culture

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 宮岡 正夫 MIYA-OKA Masao
    • 大阪大学大学院基礎工学研究科 化学系専攻化学工学分野 Department of Chemical Science and Engineering, Osaka University
    • 田谷 正仁 TAYA Masahito
    • 大阪大学大学院基礎工学研究科 化学系専攻化学工学分野 Department of Chemical Science and Engineering, Osaka University
    • 東稔 節治 TONE Setsuji
    • 大阪大学大学院基礎工学研究科 化学系専攻化学工学分野 Department of Chemical Science and Engineering, Osaka University

抄録

フタバネゼニゴケ細胞の回分培養を, グルコース濃度20, 40kg/m<SUP>3</SUP>, 培地浸透圧520,830kPa, 平均入射光強度0, 13, 28W/m<SUP>2</SUP>の初期条件下, 25℃にて行った.培養中における細胞濃度の増加に伴って, 培地中のグルコース濃度, 浸透圧, 平均光強度の値は減少するため, いずれも細胞増殖を制限する因子となった.これら3つの増殖制限因子の効果を考慮した増殖速度式を提出し, 回分培養の結果に適用した.実験により求めたパラメータ値を用いた計算結果は, 各培養における実測値と良好に一致した.

Batch cultures of photomixotrophic cells of <I>Marchantia paleacea</I> var. <I>diptera</I> were conducted at 25 °C under the initial conditions of glucose concentration of 20 or 40kg/m<SUP>3</SUP>, medium osmotic pressure of 520 or 830 kPa and mean incident light intensity of 0, 13 or 28 W/m<SUP>2</SUP>. The glucose concentration, osmotic pressure and mean light intensity in medium declined with increasing cell mass concentration, so that they became limiting factors against the cell growth during the cultures. A kinetic expression for the cell growth was presented by considering the effects of three limiting factors, and applied to the data obtained from the batch cultures. The calculation results fitted closely with the experimental data in the cultures.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 24(4), 692-695, 1998-07-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002835850
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4507350
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ