バレイショを原料とする直接L-乳酸発酵 Production of L-lactic Acid by Direct Fermentation of Potato

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

デンプン質の糖化能とL-乳酸発酵能を合わせ持つ<I>Lactobacillus amylophilus</I>を活用することにより, バレイショデンプン液化物から直接発酵で乳酸を製造することができた.また, 発酵原料としては, 精製バレイショデンプンよりもバレイショが好ましく, バレイショに含まれるタンパク質などの成分が発酵の促進に寄与していると推定された.培地栄養源として, 高価なペプトンや酵母エキスの代わりに水産廃棄物であるイカゴロあるいはホタテウロの有効性が確認され, 特にイカゴロ培地の効果が大きく, 菌の糖化能が活性化される結果と考えられた.

L-lactic acid was produced by direct fermentation of potato using <I>Lactobacillus amylophilus</I> which has both the ability to saccharify starch and produce L-lactic acid. Potato was found to be a more suitable fermentation substrate compared to purified potato starch. It is estimated that protein and oligosacchalide which are contained in potato contribute as fermentation promoters. The utilization of squid entrails or scallop entrails as culture nutrients instead of polypeptone and yeast extract is extiemely successful. In particular, fermentation in squid entrails is strongly promoted, and is considered to come from enhancement of saccharification ability of <I>Lactobacillus amylophilus</I>.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 24(5), 722-725, 1998-09-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  4件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002835925
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4562903
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ