イオン排除クロマトグラフィーによるL-グルタミンの精製法の研究 Ion Exclusion Chromatography For The Purification of L-Glutamine

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

医薬用アミノ酸として広く使用されているL-グルタミンの分離・精製法としてアンモニア型強酸性陽イオン交換樹脂を用いたイオン排除クロマトグラフィーの検討を行った.L-グルタミンとその分解生成物であるL-グルタミン酸の混合水溶液をモデル液として用い, 使用する陽イオン交換樹脂のスクリーニングを行った.その結果, 陽イオン交換樹脂の架橋度が小さい程分離性は向上し, 粒径が細かい程良好な分離結果が得られた.また本法により発酵液中の代表的な不純物である硫酸アンモニウムやL-グルタミン酸, ピロリドンカルボン酸を含む多成分系の実験の結果, 全ての不純物が効率良く分離できることが明らかになった.さらに固定層内の物質移動を表す微分方程式によるモデルにより, 各成分の溶出曲線は実験結果と精度良く一致することがわかった.

Ion exclusion chromatography for the purification of L-glutamine is studied. L-glutamine is usually produced by fermentation and used in pharmaceuticals. By using a model solution of L-glutamine and L-glutamic acid, the optimum cation exchange resin is examined. As a result of the experiments, it is found that a cation exchange resin which has smaller crosslinkage and smaller diameter is better. Ammonium sulfate, L-glutamic acid and pyrrolidonecarboxylic acid, which are usually contained in fermentation broth as impurities, are effectively separated by this method. Moreover, the experimental data of the chromatography is expressed fairly well by the differential equations which express the mass transfer in the fixed bed.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 24(5), 732-736, 1998-09-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002835937
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4562905
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ