非定常熱線法による食品の温度伝導率の測定 -測定法および機器の開発 Measurement of Thermal Diffusivity of Foods by Unsteady Hot-Wire Method -Development of System and Measuring Method-

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ゲル状, 固形状の分散系混合食品の冷却・加熱などの加工処理は, 対流熱伝達の期待しにくい処理である.非定常域における熱処理で重要な温度伝導率を, 非定常熱線法により基本的計測方法を確立した.<BR>その方法は, 温度伝導率の既知の物質から「時間-温度差」曲線を得て, 準定常状態に達するΔ<I>T</I>の1/2の時間τ<SUB>1/2</SUB>と温度伝導率αとの間に, 較正曲線を作成する.開発した測定装置により, 温度伝導率αの未知な物質の「時間-温度差」曲線を得る.この曲線からτ<SUB>1/2</SUB>を得て, 較正曲線より, 未知物質の温度伝導率αを得る.<BR>得られた無次元有効温度伝導率の値は, 従来の研究者の値と良く一致した.

For gel-like or solid food products which contain suspended particles, heating or cooling processes cannot always achieve convection heat transfer. The authors have established a basic measuring method for thermal diffusivity α, which is important for heat processing of this unsteady zone, by the Hot-wire method.<BR>With this measuring method, a calibration curve is drawn between τ<SUB>1/2</SUB> (the half time for Δ<I>T</I> required to achieve a quasi-steady condition) and the themal diffusivity α. Separately, a "<I>Time-Temp. difference</I>" curve is created using developmental measuring equipment for a sample with unknown thermal diffusivity α. This curve is used to calculate τ<SUB>1/2</SUB>. From the above calibration curve, the thermal diffusivity α of the unknown sample can be obtained.<BR>The non-dimensional effective thermal diffusivity obtained by this method matchs closely with values obtained by previous researchers.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 24(5), 744-751, 1998-09-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  20件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002835956
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4562907
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ