水素吸蔵合金を用いた太陽熱利用冷凍システムの最適運転法の検討 Study on Optimum Operations of Refrigeration System using Hydrogen-Absorbing Alloys Driven by Solar Heat

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では, 水素吸蔵合金冷凍機の環境変化による性能変化を推測できるシミュレーション手法を提案し, 熱源として太陽熱を想定した場合の最適運転法について検討した.その結果, 水素吸蔵合金冷凍機の運転サイクル時間による出力制御法は, 変動する太陽熱源を高効率に利用できることが明らかになった.

To establish technologies for a refrigeration system of a temperature level below -20°C using hydrogen-absorbing alloys driven by solar energy, the simulation technologies capable of modeling the system's performance are developed, and the optimized control method driven by solar heat is studied.<BR>The comparison between experimental results and calculated results demonstrates the validity of this model. The effectiveness of a new control method by using switching cycle time is reported with the simulation results.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 24(6), 822-827, 1998-11-20 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002836118
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4600106
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ