アミン系水溶液の蓄冷性能に関する研究 Cold Heat Storage Performance of Amine/Water Solutions

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

主に液化天然ガス冷熱の蓄冷を目的として, -20~-50℃で有効な新たな蓄冷媒体の探索を行った.2成分水溶液系について検討を行い, アミン系水溶液に可能性を見出した.固液平衡測定実験から, この溶液群は2段階の凝固過程を持つ共晶性を示した.最も低い温度での蓄冷性能が期待されたメチルアミン水溶液について相変化観察試験を行った.メチルアミン水溶液は第1段階の凝固にて樹枝状デンドライト結晶を形成し流動性の高いスラリー性状を示した.実験結果を基に流動性を伴った潜熱型高密度蓄冷媒体として, この共晶性溶液の可能性を検討した.

With a view to utilizing the cold heat of Liquid Natural Gas, candidates for cold storage media, which store cold heat in a temperature range between -20 to -50°C as latent heat, are investigated. Amine/water binary solutions are found to be promising candidates. A liquid/solution equilibrium experiment shows eutectic character of these solutions. Ametylamine/water solution is expected to be the lowest temperature cold heat storage media, and is examined in a phase change characteristic experiment. The solution generats dendrite crystals in the first phase change. The generated liquid/solid solution shows eutectic slurry character. Based on the experimental results, the possibility of using the eutectic solution as a fluid high-density cold storage media is discussed.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 24(6), 834-839, 1998-11-20 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002836148
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4600108
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ