酸化マグネシウム/水系ケミカルヒートポンプの熱出力性能の検討 Heat Output Performance Study of Magnesium Oxide/Water Chemical Heat Pump

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

酸化マグネシウム/水系ケミカルヒートポンプ試験機を用いて, 従来の基礎的研究で繰り返し反応耐久性が確認された反応材料の実用的熱出力性能試験を行った.1.8kgの反応材料を充填した反応器を用い, 構成反応である水酸化マグネシウム脱水反応, 酸化マグネシウム水和反応の繰り返し特性と, 酸化マグネシウム水和反応の高温発熱特性に着目して実験を行った.繰り返し反応耐久性を検討するための実験では同一条件における9回の繰り返し反応実験を行った.その結果, 初期5回程度に活性低下がみられたものの, その後安定した熱出力性能を示した.また需要側熱出力反応である水和反応のより高温での熱出力性能実験からは70, 80℃の飽和水蒸気供給によって, 110,130℃の温熱が得られることが示され, このシステムによる蒸気熱供給の可能性が示された.さらに, これらの結果から本ヒートポンプの実用性能を考察した.

The heat output performance of a magnesium oxide/water chemical heat pump is studied using a newly developed reaction material which has high durability under repetitive reaction. A reactor bed having 1.8 kg of reactant is examined for the hydration and dehydration of magnesium oxide. The repetitive reactivity of the reactor is demonstrated through a nine cycles repetitive reaction. Although initial reduction in reactivity is observed, the following cycles maintain stable reactivity. From a high-temperature output experiment, output at 110 and 130°C is achieved using saturated steam at 70 and 80°C, respectively. These results suggest the possibility of steam supply system using the heat pump. The heat output performance of the heat pump is discussed from the experimental results.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 24(6), 840-844, 1998-11-20 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  5件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002836161
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4600109
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ