深夜電力蓄熱一冷・温熱回収型CaO/H_2O/Ca(OH)_2系ケミカルヒートポンプ試作機の基本特性 Basic Performance of CaO/H_2O/Ca(OH)_2 Chemical Heat Pump Unit for Night-Electric Heat-Storage and Cold/Hot Heat-Recovering

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

電力の有効利用に関する新たな技術として, 深夜電力を化学蓄熱により蓄え, 昼間に冷・温熱を同時生成してこれを空調用冷房熱源および給湯用熱として回収するCaO/H<SUB>2</SUB>O/Ca(OH)<SUB>2</SUB>系ケミカルビートポンプ応用装置を開発した.本報では, 本試作機の基本作動特性に加えて, 反応材充填量ならびに熱回収条件の作動特性への影響について検討を行った.<BR>その結果, 1) 本試作機において, 1.86MJ/kg-CaOの密度で化学蓄熱された電力が, 放熱時には273Kレベルの冷熱ならびに500Kレベルの温熱が生成され, 278Kレベルの冷房空調用出力ならびに350Kレベルの給湯として熱回収されることが確認された.2) 反応材が少なく充填層高が小さくなるほど放熱は促進されるが, 反応材の総合充填量は熱ロス等とのバランスにより決定される必要性が認められた.3) 放熱時には, 熱回収速度の調整により反応材の活性を高め回収量の増大が可能なことがわかった.

As a new technology for effective utilization of electric energy, a chemical heat pump unit for night-electric heat-storage and cold/hot heat-recovering in daytime air-conditioning/hot-water-supply is proposed and a prototype is made. The basic heat-releasing characteristics and the effects of reactant particle amount and heat recovering condition on the characteristics are studied experimentally.<BR>It is found that the electric energy stored as densely as 1.86 MJ/kg-CaO in the form of thermochemical energy is released in the form of thermal energy as cold heat at around 273 K and hot heat at around 500 K. The heat is recovered as cold heat for air-conditioning at around 275 K and hot-water at around 350 K. The total amount of reactant particles should be determined with a balance of heat-loss, although heat releasing is improved by using a shallow bed with a small amount of particles. Furthermore, the recovered heat amount is found to be enlarged because of increased reactivity of reactant particles when the heat-recovering rate is properly controlled.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 24(6), 856-861, 1998-11-20 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  6件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002836180
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4600112
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ