リパーゼ固定化N-インプロピルアクリルアミドゲルによるグリセリドのエステル合成反応 Glyceride Synthesis using Lipase Immobilized in N-Polyisopropylacrylamide Gel

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<I>Candida cylindrasea</I> 起源のリパーゼをN-イソプロピルアクリルアミドとN, N′メチレンビスアクリルアミドの共重合によって, ゲルビーズ中に包括固定化する場合のリパーゼ固定化の最適条件および得られる固定化リパーゼの反応特性について検討した.<BR>固定化リパーゼと遊離リパーゼを用いて, グリセリンとオレイン酸のエステル合成反応を37℃で行った.その結果, リパーゼを樹脂内に包括固定化すると, モノオレイン生成の選択率が遊離のリパーゼと比較して, 著しく増加することが明らかとなった.<BR>また, 本樹脂は下限臨界共溶温度 (LCST) (32℃~37℃) を有する感温性ポリマーであり, LCST以上で収縮, LCST以下で膨潤を可逆的に繰り返すことが明らかとなった.この特性を利用して, 37℃と5℃の間で温度を変化させてエステル合成反応を行ったところ, 樹脂の膨潤収縮により樹脂内への基質の物質移動が促進されることがわかった.

Lipase from <I>Candida cylindracea</I> was immobilized in the gel beads prepared by copolymerization of N-isopropylacrylamide, N, N′-methylenebisacrylamide, and acrylamide. The optimal conditions of immobilization of lipase, for example molar ratio of monomer, cross-linking reagent, polymerization initiator, and stirring speed, are investigated. The esterification reaction between oleic acid and glycerol was carried out at 37°C by using the immobilized lipase or free lipase. It is found that selectivity of monoolein synthesis is higher when using immobilized lipase in gels compared with free lipase. The gel beads undergo thermal phase transition. The gel swells below lower critical solution temperature (LCST) and shrinks above LCST. An esterification reaction by lipase immobilized in gel was carried out by swinging the temperature between 37°C (above LCST) and 5°C (below LCST). It is found that the mass transfer rate in the gel is enhanced by phase transition.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 24(6), 923-927, 1998-11-20 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002836343
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4600123
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ