沈降天秤法による粒度分布測定におけるデータ処理 Data Reduction in Measurement of Size Distribution using Sedimentation Balance Method

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

沈降天秤法による粒度分布測定のデータ処理に非線形反復法の一種であるTwomey法を利用することで算出精度の向上並びに測定時間の短縮が可能であるかを検討した.<BR>その結果, 完全な沈降曲線から粒度分布を算出する場合, 収束計算に使用する応答関数の指数は0.7~2が適当である.一方, 測定時間を短縮する場合, 指数を0.3以下とすることで算出精度を向上できる場合があることが分かった.また, 単峰性分布の場合, 中位径程度の粒子が完全沈降するのに要する時間を測定時間として確保すれば, 実用上十分な粒度分布が得られることが明らかとなった.上述の知見を基に, 沈降天秤法により, ガラスビーズ及びフライアッシュの粒度分布を測定した結果, 既存の測定装置による測定結果と同等の粒度分布が得られた.さらに, 測定時間を短縮した場合も実用上問題ない程度の差違しか認められなかった.

Twomey's non-linear iteration method is applied to retrieve a particle size distribution from the sedimentation curve measured with a sedimentation balance method. The optimum power, <I>p</I> of weighting function and capability of shortening the measurement time are investigated numerically based on the log-normal and bimodal distributions. It is found that the appropriate value of power, <I>p</I> is 0.72 in most cases. Furthermore it is clarified that the non-linear iteration method can predict size distributions to a certain extent in the case of shortening a measurement time. In order to predict the log-normal distribution accurately, a measurement time longer than the settling time of the mass median diameter of tested powder is required.<BR>Based on these results, the size distributions were measured by a sedimentation balance for fly ash and glass beads. As a result, we can predict size distributions of these powders accurately after less than 30 minutes measurement.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 24(6), 928-933, 1998-11-20 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  7件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002836350
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4600124
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ