二重管型気泡塔の環状部における半径方向ガスホールドアップ分布に及ぼす液粘度の影響 Effects of Liquid Viscosity on Radial Gas Holdup Profiles within Annular Section in Double-Tube Bubble Column

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

高粘性液体としてCMC水溶液を用い, 二重管型気泡塔の環状部における局所ガスホールドアップを探針電極法で測定した.CMC濃度の増加に伴い, 局所ガスホールドアップは小さくなった.前報の水-空気系の環状部最大ガスホールドアップ推算式にCMC水溶液と水の相対粘度項を組み込むことにより, 水-空気系のガスホールドアップ分布推算式がCMC水溶液-空気系へ適用できることを測定結果との比較から明らかにした.

The local gas holdup of carboxymethyl cellulose (CMC) solution-air system in the annular section of a double-tube bubble column is measured by a probe technique. The local gas holdup decreases with increasing CMC concentration. The empirical equation developed for a water-air system to estimate the maximum gas holdup in the annular section is modified by the relative viscosity of the solution to water. Compared with the experimental results, it is demonstrated that the modified correlation is appliable to a CMC solution-air system.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 24(6), 966-968, 1998-11-20 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002836421
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4600130
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ