ドラフトチューブ付き気泡塔の液混合時間に及ぼすダウンカマーに設けた充填層高さの影響 Effect of Height of Packed Bed in Downcomer on Liquid Mixing Time in Bubble Column with Draft Tube

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ドラフトチューブ付き気泡塔において, 液混合時間に及ぼすダウンカマー内に設けた充填層高さの影響をガス流量と充填層高さを変化させ, ドラフトチューブ内側と環状部をそれぞれライザーとする操作条件下で実験的に検討した.<BR>2種類のガスの吹き込み方法において, 充填層がある場合の液混合時間はガス空塔速度の増加とともに減少し, 充填層高さの増大につれて増加する.これらの場合の液混合時間の増加割合はガス空塔速度の1/3乗と充填層高さの1/4乗に比例する関係として整理された.

The effects of the height of packed bed in a downcomer on the liquid mixing time in a bubble column with a draft tube are experimentally investigated, while varying gas flow rate and packed bed height under conditions of two types of gas dispersion gas dispersed into the inner section of the draft tube, and into the annular section between the column and the draft tube.<BR>In either type of gas dispersion, the liquid mixing time in the presence of the packed bed increases with increasing superficial gas velocity and decreases with increasing packed bed height. It shows that the degree of increase in liquid mixing times is proportional to the superficial gas velocity raised to thepower of 1/3 and the packed bed height raised to the power of 1/4, regardless of the type of gas dispersion.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 24(6), 972-974, 1998-11-20 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  5件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002836443
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4600132
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ